2021.09.07

池田よしたか9月の活動報告

9月1日(水)

今日は防災の日。大正12年(1923年)9月1日に関東大震災が発災、大きな被害を
もたらしたことから9月1日を防災の日と定めました。地震は突然起きる恐ろしい
災害です。しかれども備えあれば憂いなし、日頃から防災意識を持つことが肝要
ですね。
今日も朝から真夏の厳しい日差しが肌に突き刺さる地元名古屋、お天気は下り坂
とのことですが、熱中症や感染症に気をつけながら連日の国政報告行脚に勤しん
でいます。

 

9月3日(金)

今朝は南大高駅にて早朝立礼、しばらくすると雨が降ってきました。戸別訪問国
政報告に勤しんでいる最中には本降りとなり、一日中降ったり止んだりの雨模様、
今日は涼しくて助かりました。
さて、昼前に耳を疑うニュースが飛び込んできました。菅総理が辞任を表明した
というニュース速報、様々な想いが脳裏を駆け巡りました。
国民政党として、責任を果たせる自民党に変えていく。9年前の政権奪還総選挙
でそのように唱えた自民党所属議員として、各議員がしっかりと自己の考えを主
張できる総裁選にするべきだと考えます。
国民政党として明快に変革する自民党を、国民の皆さま方に見ていただけるよう
な総裁選にするべきだと考えます。

 

9月4日(土)

朝から雨が降ったり止んだり、かなり涼しく感じる今日の名古屋、ただひたす
らに歩いています。
私自身の政治信条やわいせつ教員根絶法の立法経緯詳細についてのご説明に加
え、菅総理辞任表明や総裁選に対するスタンスも話題に上ります。

 

9月6日(月)

障害の有無を超えて多様性を認め合う「共生」のメッセージを発信した東京パラ
リンピック、昨日閉幕いたしました。これで、東京2020オリンピック・パラリン
ピック全日程が終了いたしました。関係各位のご尽力に衷心より敬意と感謝を申
し上げます。
この東京パラリンピックでは、日本選手団の金メダル13個、銀メダル15個、銅メ
ダル23個という輝かしい記録はもちろんのこと、涙溢れる感動と勇気、人間の
底力を魅せていただいた約4400人全てのパラリンピアンアスリートの皆さんに心
からの御礼を申し上げます。本当にありがとうございました。
さて、早朝には涼しい風を感じたものの街頭活動中にジリジリと気温は上昇、今
日も30℃を超す名古屋です。
天白区は植田駅での立礼ご挨拶、地元選出須崎かん県議のありがたい応援をいた
だき、今週も元気にスタート。
新学期も始まり子供たちからも元気をもらっちゃいました。
新しい内閣総理大臣を決めることになる自民党総裁選に対する関心は非常に高く
、地元活動の様々なシーンで話題に上がります。このコロナ有事を、国民の信頼
を得て国民と共に征していける、共生社会に相応しい新時代の国政リーダーを選
出する責務を痛感しています。

 

9月7日(火)

今日も夏日ながら、湿気が低い爽やかな名古屋となりました。緑区は左京山駅に
て中里高之市会議員の応援をいただき立礼ご挨拶、一日中精力的に企業団体訪問
を展開させていただきました。
さて、自民党総裁選について訪問先で必ず話題に上るようになりました。新しい
時代の日本国の舵取りが出来る候補を、愛知三区地元市議県議と共に一丸となっ
て応援したいと思います。
今日は午後から、友党公明党の里見参議院議員と近藤かずひろ市会議員と共に、
自公連携しての国政報告行脚を行いました。
行く先々で力強いエールをいただき、本当に感謝ばかりです。誠にありがとうご
ざいました。

 

9月8日(水)

雲に覆われて涼しい風が吹く今朝の名古屋は御器所の交差点、西川ひさし市会議
員の応援をいただき、行き交う車のドライバーさんに早朝立礼。
昼前から雨が降ってきましたが、今日も地元の皆さま方のお声を大切に歩かせて
いただいています。

 

9月9日(木)

今日は所属する政策集団、清和政策研究会の総会が久しぶりに開催されるという
ことで久しぶりに上京、名古屋に比べて東京があまりに涼しくて、というより少
し寒くてびっくり。
やはり名古屋の激しい蒸し暑さは特別ですね。
総会はいつもと雰囲気が異なり総裁選についての自由討議、様々なまさに多様な
意見が各議員から発せられました。
清和政策研究会所属議員の政治信条にブレがあってはならないし、この総裁選で
は目先の総選挙に振り回されることなく、平時も有事も日本国を託すに相応しい
候補者を支持し応援すべきと考えています。

 

9月10日(金)

今日は、雲ひとつない快晴の名古屋市天白区は塩釜口にて、須崎かん県議と共に
立礼ご挨拶から始動です。
最高気温は32℃と真夏日ながら湿度も低く爽やかな気候に助けられながら、友党
公明党の安井のぶお参議院議員と自公連携の国政報告企業訪問を精力的に展開し
ています。

 

9月11日(土)

美容あいち中尾理事長&美容室NAKAOのスタッフの皆さんから激励をいただき
ました。感激です。がんばってまいります。本当にありがとうございました。
支援者宅への国政報告訪問、今日も朝から貴重な機会をいただいて活動させて
いただいています。

9月12日(日)

今日は昭和区にて、西川ひさし市議・成田おさむ県議の応援をいただきながら支
援者宅への戸別国政報告行脚、関係各位には心からの感謝を申し上げたいと思い
ます。今日も本当にありがとうございました。
さて、今回の自民党総裁選挙、報道によれば、派閥一丸となって候補者を支援す
る従前の慣例に拠らない新しい形を模索中とのこと。従前のやり方でも当たり前
のことながら、各議員に委ねられるのであればなおさらのこと、議員自身の国家
観や政治信条が相通じる候補者への支持応援が、基本中の基本となります。
また有権者の皆さま方に、私たち自民党各国会議員の国家観や政治信条をみてい
ただく機会にもなります。
自民党総裁選は今週17日(金)に告示、いよいよ候補者が出揃います。

9月13日(月)

延期となっていた愛知三区公職者会、早朝8時前から地元市議県議全員集合して
の早朝会議、感染対策を万全に施して開催させていただきました。
衆議院議員総選挙の議題もさることながら、今日は特に、目前に控えた9月17日
(金)告示の自民党総裁選についても話し合いました。
国家観や政治信条・政策が相通じている高市早苗候補予定者を支持したいという
私の考えをお伝えした上で、愛知三区の公職者全員が一丸となって高市早苗候補
予定者を是非とも応援していただきたい旨、諮らせていただきました。
結果、全会一致をもって、愛知三区自民党公職者一丸となった高市早苗候補予定
者支持応援が決定いたしました。
さて、今日も地元の皆さま方とのコミュニケーションを大切に活動中、貴重なお
時間を割いていただき本当にありがとうございます。

9月14日(火)

早朝から雨模様の地元名古屋、須崎かん県議と共に天白区原駅前での立礼挨拶か
ら本日は始動です。
今日も地元のお声を大切に、精進してまいります。
さて、北朝鮮の朝鮮労働党機関誌が、長距離巡航ミサイルの発射実験成功を報じ
ました。巡航ミサイルの発射は弾道ミサイルの発射とは異なり、国連安保理決議
(対北朝鮮制裁決議)違反にはなりませんが、日本の安全保障上、大変な脅威と
なります。
敵国からのミサイル攻撃に対する現状のミサイル迎撃システムは、非常に高い高
度まで上昇して放物線を描きながら落下するように超高速で飛んでくる“弾道ミ
サイル”を主なターゲットとしています。
搭載したレーダーで攻撃目標に向かう“巡航ミサイル”は精密誘導兵器と呼ばれ、
飛行経路を変更できたり地表や海面を低空で這うように飛ぶためにレーダーで補
足しにくいという特徴があります。しかも1500キロにも及ぶ長距離巡航が可能と
なれば、日本全土が射程圏に入り、その脅威は計り知れません。
日本国民の生命・財産と日本国の主権を守るため、長距離巡航ミサイルにも対応
できるミサイル防衛体制の整備が急がれます。

9月14日(火)

今日は東京も雨。
今夕16時からは、自民党本部において所属する清和政策研究会(細田派)の総裁
選に関する臨時総会が開かれ、そしてまた18時からは、衆議院議員会館におい
て高市早苗・自民党総裁選候補の選対本部立ち上げ式が開催されました。
選対本部立ち上げ式での高市早苗候補のハツラツとした笑顔、とても印象的でし
た。

9月15日(水)

昨夕行われた衆議員会館での高市早苗選対本部立ち上げ式、総選挙前のタイトな
日程の中、議員本人や議員代理合わせて約80人が大集結、メディアも大勢詰めか
けて、大変な勢いを感じさせる決起大会となりました。
日本の国柄を尊重する国家観や、国家国民の平和と安寧を必ず守り抜かんとする
政治信条を同じくし、新しい共生社会を拓いていく第100代内閣総理大臣を日本
初の女性総理にしようする同志たちの熱い想いと行動力で、高市早苗候補を自民
党総裁に是非とも押し上げていきたいと思います。
今朝は、昭和区荒畑の交差点にて街頭立礼、『総裁選では高市早苗さんを応援し
てください』そんな嬉しいお声掛けを多くの方々から頂戴いたしました。また、
車からのクラクションエールもいただき、テンション高めに今日の活動スタート
です。

9月16日(木)

秋らしい気持ちの良い今朝は、池田よしたか事務所のある地元野並で早朝街頭
活動、自民党総裁選の関心度は非常に高く、私が応援している高市早苗候補のリ
ーフレットも手持ちが無くなるほどの人気でした。
今日も地道に活動してまいります。

9月17日(金)

今日は自民党総裁選挙の告示日。
早朝から上京、高市早苗出陣式に選対本部メンバーとして参加してまいりました
。議員になる前からご指導いただいていた青山繁晴参議院議員や山田宏参議院議
員とも必勝を誓いました。
いついかなる時でも国民の命は守り抜かねばならないという国家観、コロナ対策
はもちろんのこと、経済安全保障の観点も併せた、強力な財政出動による経済成
長政策、日本の主権は断固守り抜くとの確固たる決意と覚悟を力強く示した高市
早苗候補。
自民党総裁、すなわち日本国憲政史上初の女性総理として第100代内閣総理大臣
に高市早苗候補を押し上げるべく、愛知三区の地元公職者と共に力を合わせて
尽力してまいります。